ウェルカムレセプションの会場はマルセイユ都市開発の象徴のひとつ「欧州文明博物館(MuCEM)」-ドライバー

操作性にも視認性にも優れたロコモートのモバイルソリューション
富士急行がラッピング列車「マッターホルン号」運行へ

2020
1/13

article ウェルカムレセプションの会場はマルセイユ都市開発の象徴のひとつ「欧州文明博物館(MuCEM)」
[記事公開日]

お風呂が楽しくなるアイテム、入浴剤。
普通は粉末状や顆粒状のもの、液状のもがメジャーであるが、
女子や子どもに人気なのは固形状で、まるーい形の爆弾のようなバスボムも種類が豊富だ。
特に面白いのが中にフィギュアが入っていて、溶ける過程で出てきて
何が入っているのか楽しみなものもある。
そんな大人も子どももお風呂に入るのが楽しくなるバスボムが、
お家で自分で作れるおもちゃがある。
Hasyという会社が出している “ ソーボムファクトリー “ というキットだ。
早速タソが作ってみたので、紹介するね。
対象年齢は6歳以上。

続きを読む

旅行・観光ビジネスの最先端の国際カンファレンス「スキフト世界フォーラム」が9月に開催

ウェルカムレセプションの会場はマルセイユ都市開発の象徴のひとつ「欧州文明博物館(MuCEM)」-ドライバー

2019
10/22

[記事公開日]

子どもがいろいろなことに興味をもつと、自然と学力向上にもつながる。
大人も同じだが、何事も楽しくなければ ” なぜ? ” や ” 知りたい! ” とならないよね。
面白い展示や遊具・施設に触れることで、楽しく科学を学べる場所はたくさんあるね。
大阪にも大阪市立科学館や大阪府立大型児童館ビッグバンなど、様々な子ども向けの施設があるが、
少し足を伸ばせば奈良にも良い施設がある。
人混みもないし、入館料も安いし、すっごい穴場!
” 橿原市立こども科学館 ” で楽しく遊んで学んできたよ。

続きを読む

[記事公開日]

赤ちゃんの玩具っていろいろあるけど、日本伝統のおもちゃも根強い人気がある。
起き上がりこぼしの不規則な動きと、何度倒されても無限に起き上がってくる不思議な仕組み。
中から聞こえてくる優しい癒やしの音色は赤ちゃんも大人も釘付け。
グッドトイ2017を受賞し、おもちゃの専門家も太鼓判の “ おきあがり・ムックリ “ を紹介するよ。

サッカー日本代表の酒井宏樹選手が所属するオリンピック・マルセイユのスタジアムツアーなど5本が設定された

乗り継ぎ失敗のリスクを避けることが可能なことから

おもちゃ 育児

2019
4/19

[記事公開日]

大人も子どもも昔から馴染みの深いファーストフード、マクドナルド。
特にCMで見かける、その時に流行っていて子どもが欲しくなる魅力的なオマケがついている “ ハッピーセット “ 。
気づけば家中にハッピーセットのおもちゃがおもちゃ箱や部屋をゴロゴロと占領し、
収納を圧迫していっている事実もある。
しかも悲しいことに中身を指定できないため、同じ種類が被ってしまうことも珍しくない。
古いキャラクターものは飽きてしまい、遊ばない日が訪れる。
処分したいが、物を大切にする心を重んじる人は特に捨てることに抵抗感があるだろう。
子どももなんとなく捨てるのはもったいない気がして、捨てることに反対する子も少なくない。
そんな親子はぜひ、マクドナルドが実施している “ マックでおもちゃリサイクル “ 活動を利用して、
気持ちよくオマケのおもちゃとさよならしてみよう。

続きを読む

操作性にも視認性にも優れたロコモートのモバイルソリューション
[記事公開日]

少子化問題がクローズアップされつづけ、もう十何年も経つだろうか。
子どもを持つ人、持たない人、二人以上きょうだいがいる、一人っ子…
それぞれの家族のライフプランは多様化している。
うちはもともと子どもは二人くらいかなと言っており、目標は達成していた。
リンゴを産んだ後、赤ちゃんが好きなのでもうひとりくらい!と思っていたが、
仕事をしながらの育児は大変だし、お金もかかるので先のことを考えると
もう二人でいいか…と、四人家族を楽しんでいた。
そこにきて突然、コウノトリさんからルンが運ばれてきた!!!
今回は、二人目の壁は本当にあるのか、どれくらい違いがあるのか我が家の場合をまとめてみた。

続きを読む

ウェルカムレセプションの会場はマルセイユ都市開発の象徴のひとつ「欧州文明博物館(MuCEM)」-ドライバー

[記事公開日]
[最終更新日]

子どもの大好きなおもちゃの一つである、粘土。
想像力や創造力を育む、無限の可能性を引き出す大事な遊びだ。
粘土にはいろいろな種類があるね。
紙粘土、小麦粘土、油粘土、シリコン粘土…
その中でもメジャーな小麦粘土で、女子が大好きなアイスクリーム屋さんになれる
かわいいセットを紹介するよ。
2019年10月時点の全国の免税店数は半年前と比較して4

続きを読む

[記事公開日]

 

あけましておめでとうございます。
(中略)
いきなり凄いタイトルから始まりました、たそりんご2019年のスタートを飾る記事。
これはいつか日記にして残したいなと常日頃考えてきたことです。

英国向け訪日キャンペーンで現役オリンピック選手を起用

ウェルカムレセプションの会場はマルセイユ都市開発の象徴のひとつ「欧州文明博物館(MuCEM)」-ドライバー

2018
12/30

[記事公開日]
ロコモートを利用すれば顧客が「好み」の航空会社やフライトなどを決めたうえで発券を依頼するため

女子に大人気なスクイーズ。やわらかくて気持ちよく、癒やされるおもちゃ。
スクイーズの専門ショップもあるくらいで、たくさんコレクションしている人もいる。
ゲーセンに行けば景品にもなっているし、ガチャガチャでもカプセルに入るほどの
小さなサイズのものもある。
そんな中で、自分で色を塗って世界で一つのオリジナルスクイーズを作れるキットがある。
民宿のオーナーと宿泊施設の集客コンサルティングを兼務するコムサポートオフィスの今井夫妻の話を交えて解説する

秋祭りや桜江戸時代まつりなどのイベントを予定

[記事公開日]

産後の里帰りができず、自分たちだけで退院後すぐから日常生活に戻らなければいけない人もいるはず。
うちもそのケースのひとつである。
出産入院中だけ義母に来てもらい、退院した日からは家事も育児も平常運転。
きょうだいがいて、上の子の保育所や幼稚園の送迎がある場合は、
生まれたばかりの赤ちゃんを連れて送迎することになる…
本当は一ヶ月検診が終わるまでは、外に出したくないけど、
上の子たちを一ヶ月も休ませるとなると、日中余計大変なことになる。
なのでできるだけ園には通ってもらいたいところだ。
そうなると、一人赤ちゃんを家に放置していくわけにもいかない。
そこで保育所内に連れていく際に便利な、新生児から使えるグッズを紹介するよ!
” エルゴベビー インファント インサートⅢ “

続きを読む

[記事公開日]

今まで3回にわたり、入院に必要なものや心構え、病棟のなかの紹介をしてきた。
病院のことは分かったけど、今回紹介する内容が皆一番知りたいことかもしれないね。
入院生活ってどんなことをして過ごすの?
ご飯の時間って?自由な時間はないの?
そんな疑問にズバリお答えします!!
リンゴが入院した病棟での1日の過ごし方を、時系列で詳しく解説していくよ。

ソラシドエアが新たに開設する中部/鹿児島線(2往復)と

今年の春に新たに登場したのが空港MCT(最短乗り継ぎ時間/Minimum Connection Time)の設定 倒産の抑制につながった可能性があると推察する